人探しや行方調査はラブ探偵事務所~調査内容と事例~
 
                

ラブ探偵事務所に「行方調査」や「人探し」を依頼した事例と調査内容をご紹介します。

”あの人を探したい!”そのような時はプロの力を信じて下さい。独自のデータベースを駆使して北海道から沖縄まで手掛かりを漏らさず確認し調査に対応します。
 
調査内容
 

ご検討中の調査内容に近いコンテンツを選択してください。

「連絡の取れなくなった肉親を探したい方」

「過去の恩師や思い出の人を探したい方」

「その他、行方不明者を探したい方」

 

調査情報は各地域より「ラブ探偵事務所」に集められ、分析・解析されます。

独自のデータベースを開発して行方調査に対応するという他の調査会社には絶対真似のできないシステムで調査致します。

 

東京都渋谷区のA氏(30代男性)から行方調査のご依頼を受ける。

状況は「妻T子が家を出たまま帰らないので捜して欲しい。この事実がおおやけになっては困るのでまだ警察には届けていない。」とのこと。30歳前半のT子にはそれまで不審な様子はなかったらしい。

鋭意調査の結果、友人の情報からKという男と一緒に逃げていることが判明する。その後、発見してT子を説得し、一旦は家に帰るが、数ヵ月後に協議離婚となってしまう。

ある日、ご依頼者様から突然電話があり、「子供が3人とも居なくなった。T子が連れていったに違いない。既に警察には家出人捜索願を出した。」という現状が伝えられる。

それから数ヵ月が経過、警察からご依頼者様に電話があり、「現在、子供達は虐待を受けて怪我を負っているため、M総合病院に入院させて保護している。母親T子は一緒にいた男と共に幼児虐待容疑で逮捕した。」との連絡が入った。

その後、外傷と心の傷を序々に癒す治療が残っている子供たちは現在A氏の元に戻り、穏やかな生活を送っている。最近、我が子に対する虐待や殺人事件などが急増しています。

また、夫・妻からの暴行や暴言を受けるDV(ドメスティックバイオレンス)なども、深刻な社会問題となっています。肉親の行方調査は一刻を争う場合も非常に多いですし、早期解決ができれば、心の傷も浅く済みます。

「ラブ探偵事務所」の行方調査は対象者の発見のみでなく、その後の解決策などもご提案しておりますので、ご検討中の方はお早めに無料相談室(0120-783-132)までお問い合わせください。


TOP▲


茨城県水戸市のYさん(20代女性)から行方調査のご依頼を受ける。

状況は、「当時通っていた高校を中退する際、1人だけ退学処分に反対し、校長先生と掛け合ってくれた担任のS先生(男性)に会い、お礼が言いたい。」と思っていた。

鋭意調査の結果、勤務地が当時の赴任先である学校から他校へ移動していたため、最終の赴任先までたどって聞き込みを行った。

すると、現在S先生は教職から退いており、兵庫県の方にあるご実家で暮らしているらしいという証言を得る。

その情報をもとに関西方面へ調査員を派遣、広範囲にわたり聞き込みを行った結果、兵庫県尼崎市の県営住宅で暮らしていることが判明する。

経験豊富なプロフェッショナル調査員が調査にあたることによって、迅速にS先生を発見することとなり、Yさんも当時のお礼が言え、非常に満足していた。

現在も、YさんとS先生は定期的に連絡を取り合い、交流を深めている。


TOP▲


「知人にお金を貸しているのですが、突然連絡が取れなくなってしまったんです。」

「何処に居るのかを調べて貰えますか?」

「行き先なども全く見当が付かず困っています。」

ここ数年の長引く不況から、多額の借金を残したまま失踪してしまった、連帯保証人に責任を押し付けて失踪してしまうなどのケースが増加しています。

また、こういったケースでは相手が債務者や連帯保証人から逃げている可能性が極めて高いのです。

そのような時には是非、行方調査の専門家である「ラブ探偵事務所」にご相談下さい。

北海道から沖縄まで、失踪者のあらゆる情報を収集、独自のデータベースを駆使して手掛かりを漏らさず確認し、行方調査に対応します。

 
index
 


ラブ探偵事務所無料相談フォーム