浮気調査なら千葉県松戸市新松戸のラブ探偵事務所

スマートフォン・携帯電話から発覚する「浮気の形跡」をラブ探偵事務所がお伝えします。

スマートフォン・携帯電話から発覚する浮気の形跡
ドラマのような衝撃的な出来事が身近な日常で起こっているのです。
Case01 仕事と思われるメールは侮れない!
明生さん(仮名)の奥様は46歳、業務連絡にスマートフォンのSNSを使う会社員。帰宅後も度々通知があり、相手は明生さんも知っている会社の同僚だという。

「SNSに表示されている名前を見ると確かに同僚の女性の名前。内容を見せてもらったところ「会議」とか「営業部」といった言葉が使われていたんです」。ところがそれが落とし穴。

ラブ探偵事務所で浮気調査を行った結果、奥様は浮気相手である会社の上司の男性に同僚の名前を語らせ、SNSで頻繁にやり取りをしていたのである。

しかも二人は「会議=食事」、「営業部=彼女の部屋」など、スパイ映画さながらに他人には解らない隠語をつくり、密会の約束を取り合っていました。

「仕事のメールと思っていたら、こんなことだったなんて・・・」。女性同士でも休日までは仕事の話をSNSでやり取りしない。明生さんはそんな奥様に愛想を尽かし、子供たちとの新しい人生を考えている。

仕事と思われるメールは侮れない!
 
Case01 スマートフォンのバッテリーケースの裏に隠された秘密!
康之さん(仮名)の奥様は9歳年下。「出会いは私がいた部署に彼女が新卒で入ってきたんです。最初は妹みたいな感じだったんですけど、彼女のほうが私に夢中になってくれて、年齢なんて関係ないって付き合いはじめました。」まもなくして奥様は妊娠、そして結婚。「彼女はいつでも私のことを気づかってくれる優しい人。家庭を大切にしてくれているんだなと安心しきっていました」。

そんな奥様の浮気が発覚したのは、テーブルの上に置いてあったスマートフォンを床に落としてしまったときのこと。「衝撃でバッテリーカバーが外れてしまったんです。それを見た瞬間、愕然としましたね。バッテリーカバーの裏に知らない若い男と一緒に写っている彼女のプリクラが貼ってあったんです」。

ラブ探偵事務所で浮気調査を行った結果、その浮気相手は20歳の大学生。SNSで知り合い、交際がはじまったという。

「私よりひとまわりも若い男と浮気していたなんて・・・」。そんなショックから康之さんは離婚を決意。証拠を突きつけ、慰謝料と養育費はしっかり要求すると言っている。

スマートフォンのバッテリーケースの裏に隠された秘密!
 
Case01 会社で持たされている携帯電話は要注意!
「主人はとても真面目な性格なんです」と話す裕子さん(仮名)。

そんな裕子さんがITエンジニアのご主人(28歳)の行動に疑問を持ちはじめたのは昨年の夏ごろ。ご主人が会社から業務専用の携帯電話を持たされたころからだった。

「とにかくその携帯電話を肌身離さず持ち歩くんですよ。トイレに入るときはもちろん、ビニール袋に入れて浴室まで持ち込んでいるようなんです。水が入っちゃったらどうするのって注意しても、自分にしかわからない問い合わせが来たときにすぐに応えないと顧客のクレーム対象になると言われて納得してしまったんですね。昔から仕事熱心だし、浮気なんてできるタイプじゃないと思っていたんですが・・・」。

ラブ探偵事務所で浮気調査を行った結果、ご主人は黒!その携帯電話は浮気相手とのメール用にご主人自らが契約をしたもので、料金請求書などは会社に送らせていた。

この事実が発覚した直後、裕子さんはご主人に浮気相手と二度と会わないことを誓わせ、携帯電話も解約した。

今はもとの幸せな生活に戻っているという。仕事人間だからと言って安心できないのが現実。仕事にのめり込む人ほど女性にものめり込みやすいのだ。

会社で持たされている携帯電話は要注意!
 
浮気が発覚したきっかけはSNSやメールがNo.1
今までのご依頼者様のお話を総合し、統計を取った結果、浮気が発覚したきっかけは、具体的に浮気相手とのやり取りを読める可能性が高い、スマートフォン・携帯電話のSNSやメールが1位でした。

浮気相手とのやり取りを消している人や、既にメールにロックをしている人、肌身離さず持っている人はその時点ですでに怪しいのです。中にはデータフォルダ内に浮気を疑う写真が残っていることもあったりします。

証拠の保全としては相手のスマートフォン・携帯電話の画像を転送するのではなく、相手のスマートフォン・携帯電話の画面に表示されているところを日時入りの写真などで撮影するほうが参考資料として望ましいです。一番良いのは、撮影日時入りのビデオカメラやスマートフォン・携帯電話などの動画モードで撮影したほうが記録を撮りやすいと思われます。

point 最初に、相手のスマートフォン・携帯電話の番号を表示させ、その後にSNS、メール、写真、動画などを撮影していくのが望ましいといえます。
point

ただ、スマートフォン・携帯電話の証拠だけでは裁判資料にはなりにくく、やはり浮気を決定的とするためにはホテルへの出入り、自宅などへの出入りといった決定的な証拠写真の撮影は必要不可欠です。

その内容も第三者が確認して、撮影日時が分かり、浮気(不貞関係)を示す具体的な内容でないと信用されにくいのです。

point

最近、スマートフォンなどの飛躍的な普及でセキュリティも強化されています。一度、スマートフォン・携帯電話のロックを解除する時に指紋認証などの機能がついた商品もあります。

今後は、通話やメールよりもSNSなどを多様して浮気相手と連絡を取る人が急増すると予想できるため、スマートフォン・携帯電話からの浮気の発覚などは今まで以上に増えていくのではないでしょうか。

Check01 「スマートフォンや携帯電話で判別する」浮気チェックリスト
1.スマートフォン・携帯電話を見ようとすると極端に嫌がる。
2.着信音を鳴らさず、常にバイブまたはサイレントにしている。
3.着信履歴・発信履歴が消されている。
4.常にSNSやメールのやり取りが削除されている。
5.あなたの前でかかってきた電話に「はい」「いいえ」でしか応えない。
6.トイレやお風呂などにもスマートフォン・携帯電話を持っていく。
7.スマートフォン・携帯電話をチェックする回数が多くなった。
8.電話帳に苗字のみや会社名などで登録している。
9.あなたの前でかかってきた電話にでないことがある。
10.SNSやメールを打つのがやたらと早くなった。
<<浮気度・不倫度チェックでは3つ以上「YES」の方は要注意です!>>
index


ラブ探偵事務所無料相談フォーム

ページの先頭へ