ラブ探偵事務所が教える盗聴器や盗撮器とは?

ラブ探偵事務所が全国に蔓延する「盗聴器」や「盗撮器」をご紹介します。

盗聴器や盗撮器とは

旧来は自宅や企業に侵入し、屋内の様子を直接盗み聞く方法が取られていましたが、近年は無線機器の小型化・高性能化に伴って、それらの機器を用いて無線で盗聴や盗撮する様式が一般的となっています。

盗聴には物音に反応して録音を開始するテープレコーダー、デジタル録音機(ボイスレコーダー)、携帯電話など、いわゆる記録機器を用いることもありますが、この記録機器に関しても、近年では小型化・高性能化・偽装化が進んできました。

高性能な機器だと、窓ガラスなど物体表面の振動をレーザー光線で計測し、その振幅を変調・音声として出力させる物なども実用化されており、コンクリートマイクや望遠集音マイクも盗聴器の一種と言えます。

また、盗撮器には物音や動きといったセンサーに反応して録画を開始するビデオカメラ同様の機能を備えた機器や、撮影している映像を絶え間なく無線で飛ばす機器などもあるが、近年ではスマートフォンのアプリ機能を利用した盗撮なども急増しており、盗聴器と同様に小型化・高性能化・偽装化が進んでいます。

一般的に、盗聴器や盗撮器はインターネットの通信販売や、特殊機材などを扱う専門店の店頭などで販売されており、私的な趣味、個人的な愛憎関係や怨恨などの理由から、これら機材を購入した個人が、他人の自宅や企業などに無断で設置しているケースも多数あるんです。

また、世の中には盗聴マニア、盗撮マニアと呼ばれる趣味で盗聴や盗撮を行う者もおり、それらマニアが賃貸マンションやアパート、ラブホテルやシティーホテルなどに盗聴器や盗撮器を故意に設置するケースもありますが、多くの者は無線盗聴器や無線盗撮器などが発している電波を傍受するのみが多いです。

一般の方々は、盗聴器や盗撮器というと小さいマッチ箱のような物を、想像するかもしれませんが、一見では判断できない機器も多数設置されています。

■ コンセント型
ラブ探偵事務所が教えるコンセント型盗聴器 ラブ探偵事務所が教えるコンセント型盗聴器

コンセント内部・二股タップ・三角タップなど、形状は様々

(電気のブレーカーが入っている限り、電源が絶えず供給されるので半永久的に音声が送信され続けます。)

■ 電卓・リモコン・ボールペン型
ラブ探偵事務所が教えるペン型盗聴器 ラブ探偵事務所が教える電卓型盗聴器

計算機・目覚まし時計・テレビやエアコンのリモコンなど、形状は様々

(電池から電源を供給するので、定期的に電池を交換すれば、半永久的に音声・映像が送信され続けます。)

■ 家電内臓型

テレビ・DVDレコーダー・コンポ・エアコン・冷蔵庫などの内部に組み込まれている

(贈り物などの電気製品に仕込まれる事が多い。コンセントを差し込んでいる状態だと電源が供給されるため、半永久的に音声・映像が送信され続けます。)

■ 飾り内臓型

壁掛け時計・絵画などの置物や飾り物

(小さめなリチウム電池や、バッテリーなどが入っており、贈り物などのに仕込まれる事が多い。電源を供給し続けるには定期的な交換が必要です。)

■ 特殊

天井裏の電話線・外部の電話ローゼット

(電源を供給しているので、半永久的に音声・映像が送信され続けます。)

■ コンクリートマイク
数十センチのコンクリート壁を通して室内音を拾える機器で、本来は水道管や壁に埋設されている配管の点検などの目的で使用されます。
■ コードレス電話
コードレス電話自体は盗聴器ではないが、子機と親機を繋いでいるのは電波であるため、広帯域受信機で受信することができる。対策としてはデジタルを選んだ方が無難だが、受信機側も日々進化しているため、対策に限界はあります。
■ 発光ダイオード

電気製品のパイロットランプや、懐中電灯の豆電球の代わりに使われている機器です。1秒間に数千回の点滅を繰り返しており、情報伝達で身近なものはテレビのリモコンなどです。

通信距離については障害物があれば役に立ちませんが、発光ダイオードが発する光は赤外線ですから目では見えず、電波を発しない。目に見える向いのマンションなどでは危険な機器です。

(但し、現在は実用化されてはいませんが研究はされていると聞いています)

■ 無線LAN・WI-FI

これも盗聴器ではないが、コードレス電話と同じ原理で無線には変わりなく、障害物を通り抜け数十メートルも飛んでしまう。

基本的には電波なのでアンテナなどを用意すれば受信できます。セキュリティ対策などの設定をしていなければ、「私のパソコンの中をどうぞ見てください。」と個人情報を漏洩しているようなものです。

■ ベビーモニター

家族が別室にいる赤ちゃんや老人の様子を見たり、音声を聞く機器です。受信機を持って家の近くまで行けば家族の様子や会話などは筒抜けです。

内容によっては恐喝のネタや、空き巣のきっかけになりかねません。機種によっても様々ですが、障害物がないところならば、100メートル程度も電波は飛んでいます。

■ リサイクル用品

リサイクルショップが増えているため、中古でも安くて良い物がたくさんあります。

しかし、電化製品は全ての機器に盗聴器や盗撮器を取付可能なので、電源を必要な機器には注意が必要です。

修理が必要な機器であれば、一度は分解しますのでメーカーなどが気が付くかもしれませんが、元々の持ち主や販売店は、盗聴器や盗撮器が仕掛けられているとは知らずに販売している事が多く、新しい購入者の手元に渡るのです。

盗聴器や盗撮器を仕掛けた人物は、新しい所有者を知りませんから良いのですが、問題は盗聴マニアや盗撮マニアと言われる流しの人達です。

彼らは絶えず、盗聴電波や盗撮電波を追い求めて受信機を作動させながら街を徘徊しては、傍受を待ち、一度盗聴電波や盗撮電波を傍受した地域では発信源をじっくりと探すのです。

■ スマートフォン・携帯電話(デジタル盗聴器)
ラブ探偵事務所が教えるデジタル盗聴器

電波発信式盗聴器・盗撮器の欠点は100メートル内外まで接近しなければ、傍受できないことです。

それを解決してしまったのが、近年急速に普及しているスマートフォンなのです。

盗聴・盗撮したい先に、特定のアプリをダウンロードして日時などの設定もしたスマートフォンを隠して設置することで、音も光も発せずにどこからでも聞きたい時に電話をすれば音声が聞け、アプリ機能で行動の録画や音声の録音も開始、室内での行動や会話が筒抜けになってしまうのです。

このように、盗聴や盗撮と一口に言っても多種多様な方法や機器があります。

そして、恐ろしいことにそれらの機器は日々進化しながら、私たちのプライバシー漏洩を虎視眈々と狙っているのです。

index


ラブ探偵事務所無料相談フォーム