DV被害にお困りなら千葉県松戸市のラブ探偵事務所

年々、DV(ドメスティックバイオレンス)被害は急増の一途をたどっています。

ラブ探偵事務所では、凶悪事件にも発展しかねない悪質なDVから、貴方の身を守るため、早期に特定を行い、被害を未然に防ぎながら決定的な証拠を収集、防止対策も致します。

その他、社会問題化しているお子様の「いじめ問題」や「非行問題」、女性に対する「性犯罪」などにも対応し、調査を行っておりますので、未だ解決に至っていない問題も、多数の解決実績がある「ラブ探偵事務所」へお気軽にご相談ください。

探偵N

DV被害にお困りなら千葉県松戸市のラブ探偵事務所へお任せください。

DV防止法とは?

配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律
探偵N

2001年10月に施行された「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV防止法)」は下記のような法律です。

DV防止法の概要

DV(ドメスティックバイオレンス)の防止と被害者の保護を図るために施行された法律です。

「DV防止法」は法律婚の夫婦だけでなく、事実婚夫婦や元夫婦も対象となっていますが、事実婚に該当しない恋人は対象となっておらず、不備を指摘する声もあります。

恋人などにおける行動の規制には、前述の「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」などが適用される場合もありますが、近親者間などでは迷惑防止条例が適用された事例もあります。

2013年6月26日

2001年の「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(DV防止法)」成立以来初の改正案が衆議院で可決、成立しました。また、法律名が「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」に改められます。主な点は下記となります。

法律の適用範囲を広げ、夫婦間(元夫婦・事実婚を含む)のみでなく、同居の交際相手から暴力を受けた場合も保護の対象とされることとなります。

探偵N

「改正配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律(改正DV防止法)」の施行日は2014年1月3日となります。

虐待とは以下の種類などがあります

身体的虐待
一方的な暴力行為など

精神的虐待
ストレスを受けるような行為を繰り返し行うなど

性的虐待
相手が嫌がる性的な行為の強要など

経済的暴力
生活費を入れない・家の金を持ち出す・無理な借金を繰り返すなど

社会的隔離
親族や友人などから隔離・外出を妨害する・電話や手紙の相手や内容を執拗に知りたがるなど

DV被害立証調査事例

DV(ドメスティックバイオレンス)立証調査事例

DV被害実態調査とは?

「DV(ドメスティックバイオレンス)被害」は非常にデリケートです。

ラブ探偵事務所では、ご依頼様のプライバシーに最大限の配慮をしながら、その実態を調査していきます。

調査方法に関しましては、事前に打ち合わせを行った上で決定させて頂きますので、ご安心して多数の解決実績がある「ラブ探偵事務所」へご相談ください。

探偵N

DV(ドメスティックバイオレンス)被害にお悩みでご相談を受け、調査を行ったケースをご紹介します。

DV被害のご相談

結婚3年目のJ子(29歳)さん、2人の子供にも恵まれ、外見は仲が良く、誰もが羨む夫婦に見えているのだが、結婚直後からあらぬ浮気を疑われ、夫であるH(30歳)からのDV(暴力や暴言)に悩まされていた。

夫への愛情と子供のために、今まで我慢をしていたが、精神的に追い詰められるようになってします。

夫は普段から外面がよく、暴力を振るったり、暴言を吐くようには全く見えない。

ある日、いつか子供に暴力を振るわれるかもしれないという不安が的中し、子供が頭を切る怪我をしてしまう。

その行動がきっかけとなり、離婚を決意、親族会議や離婚調停を考えたが、「口がうまい夫は絶対に暴力や暴言を認めないだろう」と判断し、「ラブ探偵事務所」へ相談に訪れる。

「なんとか夫のDVを認めさせるような証拠を撮りたい」というJ子さん。

経験豊富な相談員との相談の結果、夫のDVを立証するための調査依頼を受ける。

ラブ探偵事務所の解決方法(DV被害の実態調査)

DV関係の調査のほとんどは、家庭内での出来事であるため、探偵調査員の介入はできない。
そこで、CCDカメラやボイスレコーダーなどレンタルを提案、探偵は介入せずに、J子さんに機材のレンタルを行った。

そこから1週間が経過し、J子さんが機材の返却をするため、「ラブ探偵事務所」を訪れる。

結果を聞くと、J子さんは夫の暴力や暴言を動画に収めることに成功していた。

その後、J子さんは子供を連れて実家へ避難、離婚調停を行って無事に離婚したという。

近年、このような家庭内でしかわからないDV被害が急増しています。
また、実際に今現在DV被害にあっている方は、一刻も早い対応が解決への近道だと思って下さい。DV被害の特徴としてはいつ重大事件に発展してもおかしくないという切迫した傾向があります。非常に危険なので早急に「ラブ探偵事務所」にご相談下さい。

電話で無料相談

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

メールで無料相談


DV関連のニュース

DV(ドメスティックバイオレンス)被害に関してのニュースを紹介
探偵N

ここからは、DV(ドメスティックバイオレンス)被害に関してのニュースを抜粋してご紹介します。

2014年10月12日

急増するストーカー被害者の一時保護

近年、全国の婦人相談所がストーカー被害者を一時保護するケースが増加傾向あることが、都道府県に実施したアンケート調査で分かった。

深刻なストーカー犯罪が相次ぐ中、2012年度以降でストーカー被害者を一時保護するケースは少なくとも計165件に上っており、2013年施行された「改正ストーカー規制法」で被害者の支援拠点に位置付けられた婦人相談所が、「駆け込み寺」的なものとして国民に浸透してきたことも示している。

同アンケート調査は9月、婦人保護事業などの担当部署にストーカー被害者支援について質問し、全都道府県が回答したという。

一時保護件数は、非公開の自治体や統計のない自治体もあるが、回答によると2012年度は27件、2013年度は88件、2014年度は集計済みだけで50件となっており、年々増加傾向にある。

一方、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者らも受け入れる婦人相談所では、今後もストーカー被害の一時保護や相談が増える場合には「対応が困難」と11都県が回答しているという。

この数字からも、全都道府県の約3割が専門的な相談窓口の必要性を感じており、態勢の拡充が今後の課題として浮かび上がっているのも現状だ。

今後、ストーカー被害者の一時保護や相談が増えた場合、婦人相談所など既存の体制で対応できるかの質問に対しては、27自治体が「対応できる」、11自治体が「対応は難しい」と回答しており、対応困難な理由としては、「人員・ノウハウ不足(奈良)」、「DVの保護が増え、余地が少ない(福島)」などで、「男性被害者の保護は対応できない(滋賀)」との声もあったという。

また、ストーカー専門の相談支援窓口の設置については、14自治体が「必要性を感じる」、12自治体が「感じない」と回答しており、必要と感じる理由としては「被害者は精神的にも深い傷を負い、専門的な相談支援が必要(栃木)」、「加害者が極端な行動を取って命が脅かされる可能性が高く、婦人保護事業では限界がある(福岡)」などだった。

2014年9月25日

2014年上半期の虐待通告が過去最多に

全国の警察が2014年上半期(1~6月)に、児童虐待を受けているとして児童相談所に通告した18歳未満の人数が13,037人に上り、過去最多だったことが9月25日、警察庁のまとめで分かったという。

2013年同期比からは29・6%増えており、通告された子どもの数は統計を取り始めた2004年から増加傾向にある。

児童虐待の統計は下記のようになっている。

「身体的虐待」・・・3,471人
(2013年同期比20・1%増)
「育児放棄(ネグレクト)」・・・1,715人
(2013年同期比18・8%増)
「性的虐待」・・・83人
(2013年同期比48・2%増)

また、「心理的虐待」の増加数は多く、2013年同期より2,098人(2013年同期比37%増)増え、7,768人に上っている。

この「心理的虐待」中でも総数を押し上げた要因として近年特に増えているのが、子どもの前で親が配偶者に暴力を振るう「面前DV」で、5,116人(2013年同期比48・2%増)にも上っているというのだ。

「面前DV」は、2013年同期より1,312人増えており、人数を集計し始めた2012年以降、統計を取るごとに増えてきているため、深刻な問題になっている。

2014年7月

埼玉りそな銀行、DV被害の女性宛て郵便物、夫に誤送付

埼玉りそな銀行(本店・埼玉県さいたま市)が、夫のDV(ドメスティックバイオレンス、配偶者間暴力)から逃れるため、自宅から転居していた50代の女性宛ての郵便物を、誤って夫が住む自宅に送っていたことが分かったという。

同女性は2014年7月上旬、避難先に近い埼玉県北部の埼玉りそな銀行支店に口座を開設した。

その際、同支店窓口の担当者に対し、「夫からDV被害を受けている」と伝え、住民票のある夫宅に郵便物を送らないよう依頼しているのだが、口座開設後に顧客へ送付される郵便物が、夫宅に届いてしまった。

案の定、同夫に発送元の支店名から同女性の避難先である自治体を特定されてしまう。

そして7月下旬、同女性は同夫から避難先の自治体名を特定したことを知らせる電話を受けたというのだ。

同行は、同女性に謝罪し、再発防止に努めるという。

2014年6月28日

神奈川県・横須賀、20代女性につきまとい刺殺

2014年6月28日午後9時頃、神奈川県横須賀市公郷町にあるホテルの従業員控室で飲食店勤務の女性Kさん(22)が、元交際相手で自称・横浜市戸塚区戸塚町の塗装工、O容疑者(43)に刺殺される事件が発生した。

おおまかな経緯は下記のような状況だった。

Kさんと同容疑者は、2012年4月から5月まで同居しており、この時期にKさんはDVを受けていた。

2013年8月、上司に付き添われて警察に相談をする。

警察に相談した翌日に同容疑者は、Kさんに対する傷害容疑で逮捕され、執行猶予付きの懲役1年の判決を言い渡されていた。

Kさんは同容疑者に居住先を知られないようにするためか2013年11月、住民票を他人に見られないようにする「閲覧制限」の手続きを横須賀市役所に届け出ていた。
※横須賀市によると、「閲覧制限」手続き以降の住民票の取得・閲覧の記録は、Kさん本人による1回だけで、他には誰もいないという。同市は改めて全庁で確認するようだ。

その後、Kさんと別れた同容疑者は、Kさんの「Facebook」「Twitter」などにも友達申請をしたりと、執拗にKさんへの接触を試みていたという。

また、Kさんは勤務先などを教えていないのにも関わらず、6月中だけでも少なくとも3回、同容疑者はKさんの勤める飲食店を来店している。

その際、Kさんは他の従業員らに、同容疑者を「以前の交際相手」と紹介していたというが、知人などには「ストーカー行為をされている」と相談していたらしい。

事件当日午前6時頃、同容疑者はKさんの自宅を訪問する。

この時、Kさんが寝ていた隣の部屋には友人が宿泊しており、同容疑者の姿は見ていないのだが、訪問者が同容疑者であることは間違いないと見られている。

同友人の証言では、2人は約1時間程、話し合っていたが口論となり、Kさんが「このハゲ!」などと罵倒していたという。

その後、同容疑者は自宅を飛び出して約30m離れたホテル1階の従業員控室に逃げ込んだKさんを追いかけ、同室にあった刃渡り約12cmの裁ちバサミを凶器として使用し、Kさんに馬乗りになって顔や首、背中など五十数カ所を刺し、現行犯逮捕されている。

同容疑者は、「刺したことは間違いない」と容疑を認めているが、動機については「今は話したくない」と供述をしているという。

2014年3月20日

ストーカー・DVの被害件数は過去最多

2013年の1年間、全国の警察が把握したストーカー被害は、2012年より1,169件(+5.9%)増の21,089件となり、初めて2万件を超え、過去最多となったことが警察庁のまとめでわかった。

尚、21,089件のうち、2013年7月の「改正ストーカー規制法」で新たに禁止された「電子メールの連続送信」での摘発は43件、警告は143件にのぼり、ストーカー行為者と被害者の関係では、およそ60%が配偶者や交際相手だったという。

また、DV(ドメスティックバイオレンス)被害も、2012年より5,583件(+12.7%)増の49,533件で、過去最多を更新しているという。

2014年3月13日

浮気されて口論、交際女性を殴り殺す

警視庁城東署は、交際相手であり、自宅アパートで同居していた無職の女性Kさん(34)を2014年3月13日に殴って殺害したとして、東京都江東区亀戸の解体工、S容疑者(33)を2014年3月14日に殺人容疑で逮捕した。

同容疑者は、「女性が浮気し、口論になった。殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているという。

また、事件前となる2014年2月21日に、アパートの住人から「女性の悲鳴が聞こえる」と110番通報があり、Kさんが同容疑者から殴られたことを確認したため、同容疑者には「DV防止法」に基づいて警告したらしい。

その後、警察はKさんに被害届を提出するように説得したが応じなかったことから、同日中に千葉県内の友人宅に避難させていたKさんは2014年3月1日、同署に「関係を戻すことはないので、心配ありません」と連絡をしてきたといい、同署はKさんがアパートに戻った経緯なども詳しく調べている。

2013年12月6日

ストーカー・DV絡む相談に専門チーム

警察庁は2013年12月6日、各都道府県警察に対し、ストーカーやドメスティックバイオレンス(DV)に絡む相談について、刑事と生活安全の両部門による合同専門チームを設置するよう求める通達を出した。

また、相談者に危険が迫っている場合では、誘拐事件などを担当する捜査1課特殊班も投入し、加害者への警告よりも、摘発を最優先として被害防止に取り組む一方、相談者を安全な場所に避難させることも要請している。

ストーカーやドメスティックバイオレンス(DV)などは、男女間のもつれが原因の相談となるため、今までは各警察署の生活安全部門が受けていたが、今後は原則として刑事部門と共同で当たることとした。

尚、警察庁によると、ストーカーやドメスティックバイオレンス(DV)の相談に応じる際、精神科医の意見に基づいて作成した「チェック票」を全国の警察で活用するよう指示した。

チェック票とは、相談者が自分と加害者について計34の質問項目に回答するほか、聞き取った警察官らが7問を記入し、結果を各警察署の端末から判定プログラムに入力すると、危険度が「極めて高い」「高度」「中度」「低度」の4段階で示される仕組みとなるらしい。

相談を受けた事案については、チームが各警察署長と同時に警察本部へ報告するようになる。

2013年11月20日

千葉県柏市、DV被害の女性宛て郵便物、元夫に誤送付

2013年11月20日には、千葉県柏市で元夫からDVを受けて離婚した女性の転居先住所(同市内)が、同市の子ども医療費助成受給券の郵送ミスで、元夫に漏洩していたことが発覚している。

同女性は元夫と離婚してから転居し、中学生の子供と生活をしていた。

7月末、子供が入院するために同市児童育成課に電話で受給券の発行を申請した。

担当職員は、同女性が離婚前にも受給券の発行を受けていたため、同女性が電話で伝えた新しい住所ではなく、登録されていた元夫宅の住所に、転居先である新たな住所が記載された受給券を郵送してしまう。

8月上旬、同女性から受給券が届かないと問い合わせがあり、郵送ミスが発覚する。

避難先であり、絶対に離婚した元夫が知りえない転居先が記載された受給券を誤って元夫宅に送っていたのだ。

この件で、同市は被害女性に対し、引っ越し費用などとして損害賠償金約12万円を支払っている。

同女性と子供は、身の安全を確保するため、9月末に別の場所へ引っ越したという。

2013年6月26日 読売新聞

改正ストーカー規制法、改正DV防止法が成立

ストーカー行為への対応を強化する改正ストーカー規制法と、法律の適用範囲を広げる改正DV防止法(配偶者暴力防止・被害者保護法)が26日午後の衆院本会議で可決、成立した。

改正ストーカー規制法では、相手に拒まれても繰り返し電子メールを送信する行為を、同法で定める「つきまとい等」に追加し、取り締まり対象とする。つきまとい行為に対する禁止命令や警告について、被害者の居住地だけでなく、加害者の居住地や違法行為があった場所の警察、公安委員会も出せるようにする。

改正DV防止法は、夫婦間(元夫婦、事実婚を含む)だけでなく、同居の交際相手から暴力を受けた場合も保護の対象とする。

2013年6月7日 毎日新聞

<デートDV(ドメスティックバイオレンス)>交際婦警に1カ月の重傷 大阪府警巡査を逮捕

交際中の女性警察官に暴行して重傷を負わせたとして、大阪府警は7日、寝屋川署交通課巡査のI容疑者(28)=東大阪市森河内東1=を傷害の疑いで逮捕した。府警によると、容疑を認めているという。女性は以前から暴行されていたと話しており、府警はI容疑者が恋人への暴力「デートDV(ドメスティックバイオレンス)」を繰り返していたとみて調べている。

府警によると、女性は別の警察署に勤務する30代の巡査部長で、今年2月から大阪府吹田市内の自宅でI容疑者と同居していた。

逮捕容疑は先月16日深夜、女性の部屋で、女性の頭をつかんで壁に打ち付け、足で女性の腰や背中などを何度も踏みつけるなどの暴行を加え、全治約1カ月の重傷を負わせたとされる。暴行は約10分間に及んだという。女性のけがに気付いた同僚が上司に報告した。

府警によると、I容疑者は「結婚前提で交際していた。私に隠れ別の人と交際していると疑い、暴行した」と供述している。

2013年6月5日 MSN産経ニュース

「私も危ないかも・・・」続くDV、生前の予感的中

栃木県真岡市の無職、Sさん(70)を殺害した疑いで5日、逮捕された次女の夫、H容疑者(39)は、児童虐待やドメスティックバイオレンス(DV)でSさんや次女とトラブルになっており、Sさんは周囲の親しい住民に「(自分も)危ないかもしれない」と話し、H容疑者の動向を警戒していた。

Sさんの次女は幼い子供とともにSさん宅から近くのアパート、さらに最近、別の場所へと転居を繰り返したが、Sさんは周囲に「(H容疑者には)絶対に(次女家族の)居場所を教えない」と話していた。

2013年5月28日 読売新聞

夫に居場所知られる・・・死亡の母子、住民登録せず

大阪市北区天満のマンション一室で24日、母子2人の遺体が見つかった事件で、母親のIさん(28)が生前、「夫婦関係がうまくいかず、夫に居場所を知られたくない」と周囲に話していたことがわかった。

Iさんらは夫と暮らす家を出た後、住民登録していなかったため生活保護などの行政サービスを受けられず困窮した可能性がある。大阪府警天満署はトラブルの有無などを調べる。

捜査関係者によると、Iさんは昨年10月、息子のR君(3)を連れ、夫と住んでいた大阪府守口市の家から現在のマンションに転居。住民票を移しておらず、生活保護や児童扶養手当などを受けていなかった。

転居直前には広島に住むIさんの実母が守口署に「娘が方々に借金を頼んでいる。心配なので様子を見てほしい」と相談。実母と署員が家を訪ねたが、変わった様子はなかったという。

2013年5月26日 読売新聞

元妻切りつけ、探偵業者に依頼し住所調査か

神奈川県伊勢原市の路上で病院職員の女性(31)が刃物で切りつけられ、意識不明の重体となっている事件で、殺人未遂容疑で逮捕された元夫で塾経営S容疑者(32)(埼玉県所沢市狭山ヶ丘)の自宅を捜索した際、探偵業者の調査表が複数見つかっていたことが26日、県警への取材でわかった。

県警は、S容疑者が探偵業者に依頼して女性の住所を突き止めようとしたとみている。

>県警幹部によると、女性は2006年5月、S容疑者の家庭内暴力を理由に離婚。その後、住居を転々とし、S容疑者に居所を知られないようにしていたとみられる。

だが、事件約1か月前の4月20日、女性が住む伊勢原市のアパート近くに不審な自転車があり、女性が「荷台の収納ボックスにカメラのレンズのようなものが見える」と伊勢原署に通報。同署が防犯登録情報などから所有者を調べて、探偵業者にたどり着いたが、電話での照会にとどまっていたという。

2013年5月26日 読売新聞

元妻出て行ったことが元凶…切りつけ容疑男供述

神奈川県伊勢原市の路上で病院職員の女性(31)が刃物で切りつけられ、意識不明の重体となっている事件で、殺人未遂容疑で逮捕された元夫で塾経営S容疑者(32)(埼玉県所沢市狭山ヶ丘)が「すべての元凶は2005年に元妻が出て行き、無視し続けたことにある」と供述していることが25日、県警への取材でわかった。

女性はS容疑者の暴力から逃れて住居を転々としていたことが分かっており、県警はS容疑者が女性と別居を始めた2005年末頃から、女性を恨んでいたことが動機になったとみている。

県警幹部によると、県警がS容疑者の自宅を24日に捜索した際、女性の住所などを調べるよう第三者に依頼した文書などが見つかり、事件との関連を調べている。またS容疑者は「殺すつもりで傷つけた」と供述し、殺意を認めているという。

他社の探偵事務所で依頼できなかった調査も対応

他社の探偵事務所や興信所で依頼できない調査も対応

ラブ探偵事務所

創業以来、全国のご依頼者様から数えきれない程の各種調査をご依頼頂き、多くの事案を解決に導いてきた実績があります。
特に下記の様な調査の場合、「ラブ探偵事務所」なら解決できる可能性が非常に高いんです。

  • 他社では高額で依頼できなかった調査
  • 他社で失敗した調査
  • 他社で夜間撮影が出来なかった調査
  • 二輪バイク必要な調査
  • 難易度の高い調査

第2の探偵事務所が他社の調査料金を無料診断

第2の探偵事務所が他社の調査料金を無料診断

ラブ探偵事務所がお勧めしている探偵業の「セカンドオピニオン」とは・・・。

第2の探偵事務所や興信所という立場で、調査経験が豊富な現役相談員が他の探偵事務所・興信所でのお見積り内容や調査方法が本当に適正なのかを判断するための無料診断サービスです。

ラブ探偵事務所は、この「セカンドオピニオン」を探偵業界でいち早く取り入れた探偵事務所でもあるので実績が違います。

ラブ探偵事務所

他社の探偵事務所や興信所で高額な契約を交わす前に、ラブ探偵事務所の「セカンドオピニオン」をご利用してみてはいかがでしょうか?

電話で無料相談

千葉県松戸市のラブ探偵事務所無料相談室へ電話相談

メールで無料相談